①火災保険でマイホーム節約術

火災保険の活用によるリフォーム節約術

①火災保険でマイホーム節約術?

火災保険がマイホームの節約に活用できる裏技?教えます!

火災保険の特徴

火災保険=「すまいの保険」とも言われるように、マイホームにとってとても大切な保険です。
その目的は、火災に限らず、様々な災害に備えることが出来る保険です。

下記に、日本損害保険協会のQ&Aの一部を抜粋します。

 

<日本損害保険協会からの抜粋>

問50 火災保険は、どのような保険ですか。

答え

火災保険は、火災だけではなく、風水災などの自然災害や、盗難などによって、「建物」や「家財」などに生じた損害を補償する保険です。

火災保険はその名のとおり、火災(注1)を原因とする損害を補償する保険です。
しかし、現在では、風水災などの自然災害や盗難などのほか、損害が発生した際に付随的に発生する費用についても保険金が支払われる、総合補償型の商品(いわゆる総合保険)

(注2)が一般的になっています。

注2 各保険会社で販売されている商品の名称も、例えば、「すまいの総合保険」「家庭総合保険」など、総合保険という用語を使うケースや、単に「住まいの保険」とする会社が多くなっています。

自然災害については、「風災・雹(ひょう)災・雪災」と「水災」に対して保険金が支払われます。ただし、これらについては保険の種類により補償される範囲が異なっていますので、保険金支払いの対象となる自然災害はどこまでか、またどのような条件で保険金が支払われることになるのかを、契約時に確認することが必要です(「問51」参照)。

火災保険で保険金支払いの対象となる主な損害や費用は、次のとおりです。ただし、保険の種類により補償される範囲が異なります。

建物や家財に発生した直接的な損害 火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災、水災、外部からの飛来物、水濡れ、盗難 など
損害が発生した際に付随的に発生する費用 消火活動に要した費用、災害時に必要となる臨時費用、焼け跡の後片づけに係る費用、失火による近所へのお詫びに係る費用 など

 

建物が住宅ローン返済の担保となっているため、金融機関が債権を保全する目的で火災保険の契約を求めることがあります。
住宅ローンのように、金融機関から融資を受ける場合には、金融機関はその土地・建物を担保に融資するのが一般的です。しかしながら、建物が火災で焼失してしまった場合には、建物の価値はゼロとなってしまうことから、金融機関は債権を保全することができなくなってしまいます。このため、金融機関は、債権の保全を目的として、住宅ローンの申込者に対し火災保険の契約を求めるとともに、保険金請求権に質権を設定することがあります。ただし、最近の住宅ローンでは、火災保険の契約を必須としていないこともあるようです。

また、住宅ローンを申し込んだときの火災保険の必要性という観点では、火災保険を契約していないと、焼失してしまった建物の住宅ローンに加え、新たに建て直しのための住宅ローンも抱えることになり、二重ローンが重くのしかかってくるということが考えられます。

 

 

お分かりいただけましたか?

火災保険が「住まいの保険」と言われる訳。それと多くの一戸建てが銀行ローンで購入される場合、万が一、二重債務にならない為に「質権設定」での火災保険が利用されています。

そういう理由で、大半の一戸建て住宅は「火災保険」加入者であり、その多くの方が、火災以外の理由によっても「住まいの保険」を活用することが出来ます。

 

安心・安全の火災保険活用の教科書  

 

 

 

 

 

コメント